子育て

ポリグルタミン酸配合の美容液「潤静」で肌が敏感なお子さんのスキンケア

ポリグルタミン酸ってご存知ですか?早口で言おうとするとちょっと難しい名前の成分。。

実は、私たちにとっても身近な存在の食べ物に含まれている成分です。私は、恥ずかしながらこの成分の名前を知りませんでした。

ポリグルタミン酸は、ごはんのお供である納豆に含まれている成分なんです。

納豆のネバネバにはこのポリグルタミン酸が主成分となっているのですが、このポリグルタミン酸、実はとても保湿力が高く、肌のケアにもピッタリ。

このページでは、ポリグルタミン酸を使っている肌ケア商品「潤静」について書いていきなす。

ポリグルタミン酸配合の美容液「潤静」とは?

潤静は肌が敏感なお子さん向けに作られた無添加の全身用美容液です。

お子さん向けですが、大人も使えるので、私もたまに使っています。

開発したのはなんと住宅メーカー。代表自身が肌やアレルギーの悩みをお持ちだったそう。自分自身が悩んでいたからこそこだわって作った美容液には、良い成分がたくさん含まれています。

子どもの肌はダメージを受けやすく、乾燥だけでなく場合によっては服の刺激などで荒れてしまう場合も。

バリア機能が低いと、余計にダメージを受けやすくなってしまいます。

うちの子達も肌のバリア機能が弱く、上の子は季節の変わり目で荒れてしまったり、下の子は年中カサカサでかゆそうにしています。

そんな肌トラブルを起こしやすい子どもでも0歳から使える完全無添加で、たまごクラブ、ひよこクラブ、リンネルなど数々の雑誌にも掲載されている今注目の美容液です。

購入はこちら

ポリグルタミン酸配合の美容液「潤静」の魅力

「潤静」の魅力は、とにかく成分にこだわっているので、「これ使って大丈夫なのかな?」という心配をせずに使える所。

「潤静」こだわりの成分を詳しく書いて行きますが、ざっくり下記4項目に分かれます。

  1. 4つのサポート成分
  2. 2つの強化成分
  3. 11種類の天然成分
  4. 合成化学成分は使っていない

上記のように単に「成分」と言ってもサポート、強化、天然成分の3種類に分かれています。下記で詳しく書いて行きますね。

①4つのサポート成分

肌のバリア機能を高めるためにまず4つの成分を使っています。

  • ポリグタミン酸
  • セラミド
  • キハダ樹皮エキス
  • 発酵プラセンタ

私自身、セラミドやプラセンタは聞く機会が多いのでなんとなく良いのはわかりますが、ポリグルタミン酸、キハダ樹皮エキスは聞いたことがなかったです。

一番最初にもポリグルタミン酸について少し触れましたが、ポリグルタミン酸は納豆菌が作り出すネバネバの部分です。

ヒアルロン酸やコラーゲンは聞きなじみがあると思いますが、それよりも保湿効果が高く、潤いを閉じ込めてバリア機能をサポートし、水分の蒸発を防いでくれます。

納豆のネバネバと書いていますが、実際に潤静がネバネバしている訳ではありません。液体状になっていて、塗るとすぐにサラサラになります。

②2つの強化成分

次に外的ダメージから守ってくれる成分が、下記の2成分です。

  • サクラン
  • 高分子ヒアルロン酸

サクランは水分がヒアルロン酸の約10倍で世界が注目している天然の保水成分で、潤いを閉じ込めながら美容成分を浸透させます。(※角質層まで)

高分子ヒアルロン酸はとにかく保湿力が高く、肌のバリア機能をサポートしてくれるので、肌のダメージを受けやすい子どもにもぴったりです。

③11種類の天然成分

上記2つだけでもしっかり潤いやバリア機能のサポートなどをしっかりしてくれるのがわかりますが、更に11種類の植物由来の天然成分が配合されています。

  • ソメイヨシノ葉エキス
  • ゆず果実エキス
  • オウゴン根エキス
  • アロエベラ葉エキス
  • クズ根エキス
  • サンショウ果実エキス
  • グレープフルーツ果実エキス
  • スイカズラ花エキス
  • クロレラエキス
  • ドクダミエキス
  • ダイズエキス

子どもに使えてこれだけの天然由来成分がしっかり入っている美容液はなかなかありません。

またそれぞれが潤いやサポート成分を持っているので、保水力が高く、サラサラしているのに潤いが長時間続きます。

こまめに塗りなおす手間もかからないのでラクチン。

朝しっかりつけてあげることで日中保育園に行っていても保湿力は保たれます。

④合成化学成分は使わない

市販の保湿材の場合、気になるのは合成化学成分ですよね。潤静は下記10の合成化学成分は使用していません。

  • 防腐剤
  • パラベン
  • シリコン
  • 合成香料
  • 紫外線吸収剤
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • 合成着色料
  • オイル
  • 旧表示成分(※旧厚生省が指定したアレルギー、皮膚障害、ガンを引き起こす可能性が高い毒素が認められた成分のこと)

最近になって防腐剤や界面活性剤などが認知されてきましたが、市販の保湿剤はまだまだ使っている場合があります。

子ども用として不安なく使えるように、潤静は上記成分は使っていないのが魅力的です。

購入はこちら▶▶▶新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】


天然由来成分を配合していますが、全てのお子さんに合うとは限りません。

全身や広範囲に塗る前に必ずパッチテストをしておいた方が良いです。

絆創膏に潤静を塗って腕に30分くらいつけて、何も問題がなけれなば大丈夫な場合がほとんどです。

ですが、合わないと感じた場合は、すぐに問い合わせてくださいね。

「潤静」のニオイは?ベタベタしない?使い心地レビュー

納豆のネバネバ成分のポリグルタミン酸が入っていたり、ヒアルロン酸など保湿成分がたくさん入っていて「ネバネバしないの?」「臭くないの?」と思いますよね。

潤静のニオイは、ほとんどしません。ゆずなどが入っているので、柑橘系のニオイがするかな?と思っていたのですが、ほとんどせず、自然由来の香りが漂います。

香料をつかっていないので、特別良いにおい。という訳ではありません。

色は黄みがかっていて、出した瞬間はオイルのようなしっとり感はありますが、塗った後はすぐにサラサラになるので、次の家事に行く前に手を洗わずにできます。

塗るタイミングはお風呂後がベスト

乾燥しやすいお風呂の後に塗るのが一番良いですが、なかなかじっとしてくれない場合もあると思うので、お風呂上りにこだわる必要はありません。

私は、テレビに夢中になっている時や、子ども達の機嫌が良さそうな時にサッと塗るようにしています。

次男が、塗った後にベタベタが続いてしまうクリームが苦手。塗るととても嫌がっていたのですが、これは全然嫌がらず、初めて塗った時は不思議そうにしていました。

1滴ずつでてきて伸びも良いので、塗る場所や頻度によっては1本で2か月近く使える場合もあります。

ポリグルタミン酸配合の美容液「潤静」の気になる値段

「こんなに肌に良い成分が入っているなら、それなりの値段がするのでは?」と思いますよね。

潤静は通常価格だと6,980円+送料650円と少々お高め。その分しっかり保湿成分やバリア機能を高める成分が入っているので、値段相応といえば相応かもしれません。

ただ、定期便に申し込むと、なんと、初回は2,980円と3,990円OFF!半額以下の金額で購入できます。

2回目以降は4,980円になりますが、次回出荷予定日の10日前までに連絡すれば、変更や休止も可能。

使う頻度が少なければ使い切るまでに2か月かかる場合もあるので、使いきれない場合は変更や休止で調整もできます。

こんなに割引されるのに定期便の契約の縛りはなく、送料も無料とかなりお得。更に30日間は返金保証付きなので、合わない場合はすぐに連絡するようにしましょう。

ポリグルタミン酸配合の美容液「潤静」は子どもから大人まで使える

実は私自身も肌が弱いので、子どもに塗った後にたまに自分にも塗っています。

塗った後もサラサラなのですぐに服も着せられるし、家事もできるのが魅力的。

出した瞬間はオイルっぽいのに塗った瞬間になじんでサラサラになるだけでなく、保湿力も抜群で不安なく使える全身美容液です。

ポリグルタミン酸配合の美容液はなかなか売ってないので、夏のダメージやこれからの乾燥に備えて是非試してみてください。

購入の際は、30日間返金可能で通常の半額以下で買える定期便での購入がオススメです。

子どもの肌ケアや自分の肌ケア頑張りましょう。

読んでいただき、ありがとうございました。

購入はこちら▶▶▶無添加住宅メーカーが開発した無添加にこだわった美容液【潤静】


ABOUT ME
なぎ
なぎ
4歳と2歳の男の子2人を育てるママ☆子ども達を「おかえり」と迎えてあげるべく、家でできる仕事に挑戦中(^^) ボーダーの服と甘い物が大好き☆